MENU

ゲーム課金で借金まみれになるリスクと借金を完済する方法

ソシャゲ(ソーシャルゲーム)は、ブラウザやSNS上でプレイできるさまざまなゲームが提供されているので、好きなゲームプレイを楽しむことができます。一方で、ハマりすぎると借金をしてまでゲーム課金(廃課金)してしまうリスクがあります。

ゲーム課金で借金まみれになってもソシャゲを続けいると、借金からぬ出せない「借金地獄」になって人生が詰む可能性があるので、まずはソシャゲをやめることが大切です。

ソシャゲをやめて、さらなる借金が積み重なることを回避できれば、借金を減額したり、借金をゼロにできる、借金救済手続きをして借金トラブルを解決することができます。

この記事では、ゲーム課金で借金まみれになるリスクと、ゲーム課金をやめる方法、借金問題を解決する方法を徹底解説します。

借金問題でもう悩まない!

  • 借金を減額またはゼロにするから生活がラクになる
  • 家族や職場、誰にもバレないから安心して借金の相談ができる
  • 相談は何回でも無料だから納得するまで話を聞ける
  • 24時間いつでもメール相談だから時間があるときに相談できる

借金問題の無料相談はコチラ

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション

借金問題でもう悩まない!

  • 借金を減額またはゼロにする
  • 家族や職場、誰にもバレない
  • 相談は何回でも無料
  • 24時間いつでもメール相談

借金問題の無料相談はコチラ

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション

目次

ゲーム課金で借金まみれになるリスク

ソシャゲに制限なく課金(廃課金)した末路は、借金まみれというより、もはや「借金地獄」です。

ソシャゲは、ワンクリックで課金ができてしまうので、知らず知らずのあいだにゲーム課金額が増えていきますが、その支払いをしていくうちに金銭感覚が狂うので、重課金をして支払いが追いつかなくなります

毎月の支払いが追いつかないにも関わらず、金銭感覚が狂っているために借金をしてまでもゲーム課金をしてしまう、もはやゲーム依存症の状態になると手がつけられません。

消費者金融からの借り入れが自分の貯金かのごとく借金をしてしまうので、気づいたら借金生活が始まり、さらに借金がかさなって返済に追われていきます。

このように、ソシャゲに廃課金した末路は「借金地獄」が待っています。

ゲーム課金をやめるには、まず自分の現状をしっかりと把握することが大切です。

ゲームを始めて何年経ったのか、家計のうちゲーム課金額はいくらなのか、ゲーム課金について自分の現状を把握します。

現状を把握できたら、どうやってゲーム課金をやめるのか、どうやってゲーム課金による借金を返済するのか、ゲーム課金による借金の解決策を考えることが大切です。

ゲーム課金の支払い方法に、クレジットカード決済やキャリア決済を設定している場合は、プリペイドカード決済に変えることも有効な手段です。

クレジットカード決済やキャリア決済は、ワンクリックで決済ができてしまうので、自分がいくら課金しているか翌月の請求までわかりません。

ゲーム課金の決済方法をプリペイドカード決済に変更すれば、プリペイドカード額分の料金しか課金できなくなる上に、カード額分の料金を使い切ったら新たなプリペイドカードを購入しないとゲーム課金することができなくなります。

クレジットカードやキャリア決済のようにワンクリックで課金ができなくなるので、ゲーム課金に手間がかかり、ゲーム課金をやめるきっかけになります。

ソシャゲをやめてしまえば、ゲーム課金をすることがなくなります。

ソシャゲをやめるには、ソシャゲをアンインストールしましょう。

ソシャゲをアンインストールすれば、ゲームにログインができなくなるので、ソシャゲのアイコンが目につくことがなくなります。ゲームがインストールされていなければ、そもそも課金することができないので、ソシャゲをやめることができます

ただし、複数のソシャゲを利用して課金している場合は、1つだけアンインストールしても意味がないので、すべてのソシャゲをアンインストールしましょう。

ソシャゲ以外の趣味を見つけることは、ソシャゲをやめるきっかけになります。

ソシャゲ以外の趣味を持つことでストレスを発散し、ゲームに夢中にならないようにすることができます。例えばスポーツや料理、旅行など、ソシャゲ以外に楽しめることを見つけることで、ソシャゲに対する依存を軽減させることができます。

また、ゲーム以外で満足感や楽しみを知ることで、再びソシャゲをしようとする意欲がなくなってくきます。

ゲーム課金を自分の意志でやめることができない場合は、ゲーム依存症になっている可能性があります。

ゲーム依存症になっている場合は、自力で治すことは100%不可能なので、依存症の専門機関に相談することが大切です

ゲーム依存症は、過剰なゲームプレイによって、仕事や学校、家庭生活に支障をきたす状態のことをいいます。世界保健機関(WHO)は、ゲーム依存症を「疾患」のカテゴリーに分類するように提言しており、ソシャゲによるゲーム依存症も増えているので、精神医学的な疾患として広く認識されるようになっています

ゲーム依存症の方が相談する依存症の専門機関は、当事者と家族それぞれあります。

ギャンブル依存症のかたの家族の相談先

また、ギャンブル依存症の治療をおこなっている精神科病院やクリニックでは、ギャンブル依存症の当事者または家族を対象とした勉強会・相談会を実施しています。

勉強会や相談会への参加は無料なことがほとんどなので、依存症対策全国センターで最寄りの相談場所を調べてみましょう。

借金問題でもう悩まない!

  • 借金を減額またはゼロにするから生活がラクになる
  • 家族や職場、誰にもバレないから安心して借金の相談ができる
  • 相談は何回でも無料だから納得するまで話を聞ける
  • 24時間いつでもメール相談だから時間があるときに相談できる

借金問題の無料相談はコチラ

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション

借金問題でもう悩まない!

  • 借金を減額またはゼロにする
  • 家族や職場、誰にもバレない
  • 相談は何回でも無料
  • 24時間いつでもメール相談

借金問題の無料相談はコチラ

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション

ゲーム課金の借金を完済する方法

借金の返済をするためには、どの貸金業者からいくら借りているか、毎月の返済額はいくらか、完済までの期間はどのくらいかといった借金の状況を把握することが大切です。

複数の貸金業者から借入をしている多重債務の状況だと、借入状況を把握できていないことがほとんどです。

借入状況をしっかりと把握しておくことで、今後の返済計画を立てることができます。

保険を解約して解約返戻金を借金の返済にあてたり、よけいな保険を解約することで毎月の保険料の支払いを減らすことができるので、借金の返済にあてる額を増やすことができます。

ただし、解約返戻金が発生しない保険や、保険の解約には手数料や損害保険料などがかかることがあるので、保険の契約条件を確認してから解約をすることが大切です。

また、必要な保険まで解約してしまうと、病気やケガをしたときに保険が適用できなくて高額な費用がかかってしまうリスクがあるので、解約する保険を選ぶときに注意が必要です。

毎月の支出を見直して、生活費や必要最低限の支出以外によけいなお金を使わないようにすることで、借金の返済額を多くすることができます。

家賃が安い家に引越す、不要な保険やサブスクを解約する、基本料の安いネット回線に変更する、格安スマホや安い公共料金プランに変更するなどして、毎月の支出を抑えることができます。

毎月の支出が減れば返済あてる額を増やすことができるので、早く借金を返済できる上に、借金を完済できれば、これまで返済にあてていたお金を投資や貯蓄に回すことで、将来的に貯蓄を増やすこともできます。

借金の返済は、毎月返済しなければならない最低額(約定返済額)があります。

約定返済額は支払いは利息を含んでいますが、約定返済額よりも多い返済分は元金の支払いにあてることができます。

そのため、今月は生活にゆとりがあってお金が多くあまった、仕事のボーナスが支給されたなど、お金に余裕があるときは繰上げ返済をすることで、借金を早く返済することができます。

現在の収入で生活が苦しくてなかなか借金を返済できないのであれば、副業をして毎月の収入を上げることも検討しましょう。

本業の収入を急に上げることは難しいですが、スキマ時間に副業をすることで、副業の収入分を借金の返済にあてることができるので、借金を早く返済できるようになります。

また、副業をしていればソシャゲのことを考える時間が減るので、結果としてゲーム課金から抜け出すキッカケにもなります。

複数の貸金業者から借り入れをしてる場合、貸金業者によって金利が違います。また、1社ごとの借入額が少ないと、各業者の金利が高くなっている可能性があります。

おまとめローンを利用すれば、複数業者の借り入れを一本化できるので、借金の管理がラクになる上に、金利を下げることができる可能性があります。

ただし、毎月の返済額が少なくなる代わりに、返済期間が延びるので返済の総額が多くなる可能性があることには注意が必要です。

借金をまとめれば大丈夫と軽い気持ちでおまとめローンを利用すると、かえって長期間の借金返済で苦しむ可能性があるので、利用するときは借金の状況をしっかり把握してからにしてください。

保険の解約や毎月の支出を見直して借金の返済額を多くしても、借金の利息の支払いばかりで返済が進まないことがあります。その場合には、「債務整理」を検討しましょう。

債務整理は、将来の利息をカットして毎月の支払額を減額する任意整理、借金を最大90%減額する個人再生、借金をゼロにする自己破産といった、借金の救済手続きのことです。債務整理の方法は、あなたの借り入れ状況によります。

メリットデメリット
将来発生する利息をカットできる
返済期間を見直して毎月の返済額を減らせる
ブラックリストに載る

任意整理は、弁護士が消費者金融やローン会社といった貸金業者と話し合いで交渉をして、将来発生する利息のカットや返済期間の見直しをする手続きです。

任意整理は、債務整理のなかでも唯一裁判所を通さないでできる手続きで、債権者(貸金業者)との直接交渉で完了するので、任意整理したことを家族や勤務先に知られる心配がありません

ただし、任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録される(ブラックリストに載る)ので、およそ5年間はあらたな借り入れやクレジットカード、住宅ローン・自動車ローンといった審査に通りにくくなります。とはいえ、事故情報が消えれば、借り入れやクレジットカードの作成もできます。

任意整理をすれば、今後の利息がゼロになるので借金の総額が大きく減って、返済期間も見直すことで毎月の返済もしやすくなります。

メリットデメリット
借金を最大90%減額
住宅は残すことができる(住宅ローン特則)
ブラックリストに載る
官報に載る
ローン返済中の自動車は取り上げられる

個人再生は、返済中の借金を最大90%減額して、残った借金を3年〜5年で返済する手続きです。

残った借金を3年〜5年間で返済できれば、減額してもらった金額は返済する必要がありません。ただし、個人再生にはデメリットもあります。

信用情報機関に事故情報が登録(ブラックリスト)されます。ブラックリストに載ると、5年〜10年間は新たな借り入れやクレジットカードの作成、ローンを組むことが難しくなります。さらに、住宅ローンを支払い中の自宅や、自動車を差し押さえられる可能性があります。

ただし、住宅を残す方法として「住宅ローン特則」があるので、住宅ローン特則を利用すれば、自宅を残したまま借金を減らすことができます

また、個人再生をおこなった情報は国が発行する官報に掲載されますが、一般の人が目にする機会はほとんどないので、借金や債務整理のことが家族や勤務先にバレる心配はありません。

メリットデメリット
借金がゼロになる
99万円以下の現金と生活に必要な財産は残せる
ブラックリストに載る
財産を差し押さえられる
官報に載る
一部の職種の就業制限を受ける

自己破産は、借金を返済できなくなった個人が、借金をゼロにすることができる手続きです。自己破産の申請をして免責を受けると、借金の返済をする義務がなくなります。

ただし、自己破産をすると借金をゼロにすることができる一方で、財産が差し押さえられる可能性があります。自動車は、条件によって手元に残しておける可能性がありますが、土地や住宅は、手元に残すことができません。

任意整理や個人再生と同じように、信用情報期間に事故情報が登録される(ブラックリスト)ので、免責後から5年〜10年はクレジットカードの新規作成やローンを組むこともできなくなります。

とはいえ、すでにゲーム課金による借金の返済が遅れたり滞納しているのであれば、ブラックリストに載っています。このまま借金を滞納していると貸金業者に給料や財産を差し押さえられるので、債務整理をするよりも圧倒的にリスクが高いです。

債務整理をすることを悩んでいるあいだに、貸金業者が差し押さえの準備をしている可能性があるので、そうなる前に弁護士や司法書士といった専門家に相談をしてみると良いでしょう。

借金問題でもう悩まない!

  • 借金を減額またはゼロにするから生活がラクになる
  • 家族や職場、誰にもバレないから安心して借金の相談ができる
  • 相談は何回でも無料だから納得するまで話を聞ける
  • 24時間いつでもメール相談だから時間があるときに相談できる

借金問題の無料相談はコチラ

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション

借金問題でもう悩まない!

  • 借金を減額またはゼロにする
  • 家族や職場、誰にもバレない
  • 相談は何回でも無料
  • 24時間いつでもメール相談

借金問題の無料相談はコチラ

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション

ゲーム課金についてよくある質問

ソシャゲ課金はいくらまで?

ソシャゲ課金は、課金方法によって課金できる上限金額が違います。クレジットカード払いやキャリア決済の場合は、クレジットカードやキャリアの利用上限まで、デビットカードやプリペイドカードの場合は、口座残高やカード残高によります。どの支払い方法でも、自分の支払い許容範囲を超えて課金して払えなくなってしまった場合は、借金救済手続きを検討しましょう。

課金依存症の治し方は?

ゲーム課金の状況を把握する、ソシャゲをアンインストールする、ソシャゲ以外の趣味を見つけることで、ゲーム課金をやめることができます。しかし、それでもやめれない場合は、課金依存症を自力で治すことは難しいので、医療機関のカウンセリングを受けましょう。くわしくは「ゲーム課金をやめる方法」をご覧ください。

重課金の定義は?

重課金とは、ソシャゲの課金を頻繁に繰り返していくことをいいます。課金の歯止めが効かなくなることを「廃課金」といい、借金をしてまでもゲーム課金をしてしまうことがあります。借金を返済できないくらい課金してしまった場合は、借金救済制度で借金を減額する、または借金をゼロにすることを検討しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次